噛み合わせと歪みの関係性について

query_builder 2021/07/15
コラム
「最近なんだか顔が歪んでいるように見える…」というお悩みを抱えている方はいませんか?
実はそれ、噛み合わせが関係しているかもしれません。
噛み合わせが悪いと、顔の歪みだけでなく全身に影響を及ぼしてしまう可能性もあります。
今回は、噛み合わせと歪みの関係性について解説していきます。

▼噛み合わせで顔の歪みが起こる理由
通常であれば、食べ物を噛むときに左右のあごの筋肉がバランスよく使われるのですが、
噛み合わせが悪い場合は片側の歯で噛む癖がついている方が多いので、左右の筋肉のバランスが崩れて顔の歪みが起こります。
また、歯ぎしりや食いしばりも顔の歪みを起こす原因になるので、していることに気づいたらすぐにやめるようにしましょう。

▼噛み合わせは全身に影響を及ぼす
噛み合わせは、顔の歪みだけでなく全身の歪みも起こすことがあります。
噛み合わせが悪いと左右のあごの筋肉のバランスが崩れますが、
人間の体は常にバランスをとろうとしているのであごのバランスが崩れるとその周囲の筋肉がバランスを保持しようと頑張ります。
それがさらに背中や腰へと進んでいきます。その結果、全身の歪みが起こってしまうのです。
体の歪みは痛みやこり、しびれなどの原因になるので、噛み合わせの治療をすることをおすすめします。

▼まとめ
噛み合わせはあごだけでなく全身の歪みを引き起こしてしまいます。
歪みから痛みやこりなどが発生することもあるので、症状が悪化する前に治療しましょう。
噛み合わせでお悩みの方は、気軽に当院にご相談ください。