歯を削らない虫歯治療「ドックベストセメント治療」について

query_builder 2021/06/01
コラム
虫歯の治療と言えば痛いというイメージが強く、歯を削る器具の音を聞くだけでも嫌になりますよね。
しかし、最近ではドックベストセメント治療という治療法が導入されるようになり、歯を削らずに虫歯を治療することが可能になっています。
この治療法を知らない方も多いと思うので、今回はドックベストセメント治療のメリットとデメリットについて解説していきます。

▼ドックベストセメント治療のメリット
ドックベストセメント治療の最大のメリットは、やはり痛みが少ないということです。
虫歯が神経に達していない場合はほとんど歯を削ることがないので、強い痛みを感じずに虫歯を治療できます。
また、神経を残して治療できるので歯の寿命が延びるのもメリットの1つです。
一般的な虫歯の治療では神経を取ることも少なくありませんが、神経を取ってしまうと歯の寿命が短くなってしまいます。
そのため、神経を取らないドックベストセメント治療は若い方から人気の治療法となっています。

▼ドックベストセメント治療のデメリット
ドックベストセメント治療は、日本では保険治療として認められていないので自費治療になります。
費用は虫歯の状態によって異なりますが、数千円~10,000円以上かかるので慎重に検討する必要があります。
また、虫歯の量や部位によっては治療できない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

▼まとめ
ドックベストセメント治療は歯を削らずに虫歯を治療できるということで、最近人気を集めています。
当院でも痛くない虫歯治療を目指しているので、虫歯でお困りの方はぜひ一度ご相談ください。