歯医者で保険適用できる治療内容

query_builder 2021/01/09
コラム
歯医者での治療費は、基本的に保険適用がきくため、医療費の3割を自己負担するだけで歯の治療をすることができます。
ですが、治療の中には保険適用されないものもあります。
歯の治療には3つの診療のしくみがあり、治療に入る前に診療のしくみについて理解しておく必要があります。
▼歯医者における診療のしくみ
歯医者で受けれる3つの診療のしくみは3つあります。
・健康保険適用
・差額自己負担
・自由診療

【健康保険適用】
医療費の3割を自己負担で治療できる
【差額自己負担】
健康保険で認められた治療と保険適用外の差額を自己負担する
【自由診療】
保険適用外のものをすべて自己負担する
また、治療費は年齢によっても自己負担額が変わってきます。
▼保険適用ができる治療
歯医者で保険が適用される治療は、以下の通りです。
・充てん
・鋳造歯冠修復
・前装冠
・ジャケット冠
・ブリッジ
・有床義歯
【充てん】
虫歯の穴を綺麗にし、材料をつめて元の形にする
【鋳造歯冠修復】
歯を削って、型を取り模型上でつめものを作って元の形にする
【前装冠】
充てんや鋳造歯冠修復で虫歯の治療が行えない場合、元の歯に似た素材で歯の表面を覆う
【ジャケット冠】
歯の前面を覆う
【ブリッジ】
歯がない部分に隣接する歯を削ってかぶせ、人口歯を固定装着する
【有床義歯】
取り外し可能な入れ歯
歯の治療以外にも、歯につめる素材や使う材料によっても保険が適用されるかどうか変わってきます。
保険が適用されない治療の例として、インプラントや、歯列矯正、歯のホワイトニングがあります。
歯の治療費をかけないためには、日頃から歯のお手入れが大事です。
毎日の歯磨きを怠らないことから始めてみましょう。
また、歯磨きに気をつけるだけではなく使う歯ブラシや歯磨き粉にも気をつけてみてくださいね。