歯医者の定期検診について

query_builder 2020/12/08
コラム
お口の中の健康のために定期検診へ通われていますか?
通っている人と通っていない人では将来お口の中の状態も変わってきます。
歯の定期検診についてご紹介します。

▼定期検診を受けるメリット
虫歯や歯周病などお口の中の状態を定期的に診てもらうことで早期発見、早期治療することができます。
3~4ヵ月、長くても半年に1回定期検診するのが望ましいです。
1年に1回だとお口の中は急に状態が悪くなることも多いので、病気を見落としてしまうことがあります。
3~4ヵ月、長くても半年に1回定期的に通うことでお口の健康を守ることができます。

▼歯の定期検診で行うこと
歯の定期検診ではどのようなことをするのでしょうか。
■歯茎チェック
歯茎の腫れの有無や歯茎の色のチェックを行います。歯周ポケットが深いと歯周病になります。
■虫歯チェック
虫歯の有無をチェックします。自分では見えない歯と歯の間や痛みのない虫歯などのチェックを行います。
■ブラッシング方法
歯と歯の間に食べ物がつまっていたり磨き残しがないように、正しいブラッシング方法の指導を行います。
歯は一人ひとり違うので磨き方も異なります。自分に合った、歯ブラシやフロス、歯間ブラシなどの正しい使い方の指導を行います。
■歯垢・歯石チェック
歯ブラシで取りきれなかった歯垢や歯石は虫歯や歯周病の大きな原因に繋がるので歯医者で取り除いてもらいます。

これらを主に行い、虫歯やお口の異常がない場合でも定期検診を受けることお口のさまざまなトラブルを予防することができます。

▼まとめ
歯の異常やトラブルがなくても歯医者で定期検診うを受けることをおすすめします。
生涯自分の歯で食事を楽しむためにも健康のためにも歯を大切にしましょう。

中央歯科医院は一般歯科で行うむし歯や歯周病の治療だけでなく、噛み合わせを正す矯正歯科にも積極的に取り組んでいます。
歯のことで気になることがある方は一度ご来院ください。